FC2ブログ

2018 Magiarge@Bordighera

2018年イタリア研修旅行記 その8

オリーブ畑見学の後はこのまま皆で共同生活したくなるような居心地の良い宿のお家でちょっと一休み。そしていよいよやってまいりました!本日のディナーのお時間です!

車でROIから50分。フランスとモナコが目と鼻の先、リグーリア州インペリア県の西側ボルディゲラにありますRistorante Magiaruge(リストランテ マジャルジェ)へ向かいます。周辺にはレストラン立ち並び、地図を頼りに歩いてもなかなかたどり着けません。

d写真1
あったあった!複雑に入りくんだその先でやっと発見。やっとこさたどり着きました。案内されたのはテラス席、心地よい夜風に当たりながらの食事となりました。
実はこのお店リグーリア研修で一番行きたかったお店。私の思い描く〝カッポンマーグロ″が食べられるからです!2日前に行ったCappun magruでも食べましたが、こちらのは全く違う一皿となってました。こちらは特に食べたいものが多くて困りました。全部食べたらお腹破けちゃう。笑

d写真2 
d写真3_convert_20181117143703
IL CAPPON MAGRO GENOVESE カッポンマーグロ
リグーリア伝統料理 これです!私の食べたかったもの!エビが立ってます。しゃちほこみたい笑 それぞれ調理法の違う、野菜、魚介類、ゆで卵まで!!なのにこの一体感。。。何故ココまでまとまっているのだろうか?
私の見解では2つ。
1つ目は全体的にある酸味。このお料理、段々と層になっているのですが、一番下にワインビネガーに潜らせたパンが敷き詰めてあります。これがいいアクセントとなり、まとまりが出る感じ。
2つ目はジェノベーゼソース。バジルの香りが全体を包み込んで1つにしている。間違いなく美味しい!食べられてよかった~!!

d写真4
STOCCAFISSO  BRANDACUJON 干し鱈とジャガイモのペースト
こちらもリグーリアの伝統料理。白ワインにぴったりな一皿。ん~たまりません。

d写真5_convert_20181117143724
LE TROFIE LEVANTINE トロフィエ ジェノベーゼソース
これぞ王道。どのお店でも大抵トロフィエがありました。

d写真6
RISOTTINO PICCANTINO イイダコの辛いトマトリゾット
食べ進めていくうちに、じわじわ発汗する程よい辛さ。

d写真7
QUASI UN CIUPPIN SANREMASCO チュッピン 魚介スープ
濃厚なスープに付け合せのパンを浸けて。最高!

d写真8
CONIGLIO NOSTRANO オリーブとウサギ肉の煮込み
リグーリア州西部では、ウサギ肉をよく食べます。勿論使われているオリーブはタジャスカオリーブ。

d写真9
PESCHE DI VOLPEDO AL ROSSESE 黄桃のオーブン焼き チョコレートとアマレットの詰め物
欠かせない食後のデザート、甘いもの好きには嬉しい一皿。

皆でエスプレッソを飲んで、ご馳走様でした!町はまだまだ賑やか。元気な町だな~!夢心地で宿に帰ります。明日も色濃い一日が待っています。。。
これにてリグーリア研修の備忘録川野編はおしまい。次回からは椎名店長にバトンタッチ。ありがとうございました!猫好き川野でした。
スポンサーサイト

PageTopROI@Badalucco

Comment

Commentの投稿

管理人だけに表示する

プロフィール

「マジカ」

Author:「マジカ」

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR