スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 Gricine@Treiso

そしてヴァイラさんとのランチ後、この日にもう一軒訪問したワイナリーがこちらです。

そこは1580年に創立されたという古くすごく小さなカンティーナでGRICINEというバルバレスコの作り手さんのワイナリーです。


DSC02036.jpg


ここがGRICINEさんのワイナリーの前です。
着いたらすぐにおばあちゃんが出てきてゆっく~りとしたしゃべり方で説明を始めました。



そうして訪れた醸造所の中はこんなかんじです。

DSC02040.jpg

DSC02042.jpg

DSC02047.jpg



奥の方に行くにつれてどんどん洞窟を進んでいるような暗くて深くてすごく湿気の多い場所になっていきました。
ここに並んでいるタル達はランゲ地区の伝統的なものらしいですよー

ただたしかカビが凍っていたりキノコとかもふつうに生えていたような…( ゚Д゚)





でもそんな環境のほうが美味しいワインができるのかも
先ほど紹介したG.D VAJRAとは全く違う環境のギャップに驚きです。






ちなみにGRICINEとは「ふじの木」という意味みたいですね!!








醸造所紹介のあとはいよいよ試飲タイムでーす♪♪


DSC02056.jpg

DSC02057.jpg




ここでも沢山のワインを飲ませていただいたのですがその中でもすごく記憶に残っているのがやはりこのワイナリーの中心であるバルバレスコです。
畑違いのバルバレスコ3本の飲み比べはかなりいい経験になったと思います。



その3つのは畑の中でも「CURRA」という畑がこのワイナリーの1番、重要な畑らしいです。
ちなみにですがそのCURRAという畑はロエロ地区からバローロ地区に向かう途中の古い道沿いにあるらしいですよ




そしてこんな食後酒達が棚に並んでました。

DSC02055.jpg




グラッパなどなど食後酒のエチケットにはチャーミングな猫が必ず書いてあるというもの
覚えやすいエチケットですよね~



グリチネのおばあちゃんはホントにホント~に猫が好きみたいです!!




この日のワイナリー巡りはこれで終わりです。
あとは宿に向かうだけです。










今晩の宿はすべてが家族経営のアグリツーリズモ。






そして夜ごはんはこんなかんじー

DSC02080.jpg

DSC02084.jpg

DSC02089.jpg





自家菜園の野菜や、ブドウから作ったワイン、放牧しているヤギから作ったチーズなど
とても印象的でした。


DSC02098_2014112702044578c.jpg





お腹いっぱいにまるまで食べて飲んで…




DSC02086.jpg





あとは2階で寝るだけというなんとも幸せな待遇です。



食事の最後に家族の皆さんが出てきてご挨拶までしていただき、とても温かみのある
いい宿と出逢えたなぁと思いました。





DSC02101.jpg
また来ま~す(^o^)/





以上こんなかんじのとある1日の話でした。

ランテルナマジカ 平田でした。
スポンサーサイト

PageTopNext>>

プロフィール

「マジカ」

Author:「マジカ」

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。